時刻同期設定

Windows のインターネット時刻はデフォルトでは 1 週間に 1 度しか同期しません。
同期の間隔をもっと短くしたい場合には以下のレジストリの値で変更できます。

==============================
[HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\W32Time
\TimeProviders\NtpClient\SpecialPollInterval]
==============================

上記レジストリ値で同期の間隔(秒)を調整できます。
データ型は REG_DWORD。
表記10進数で秒数指定。

参考:私は10進数で[86400]に設定 1日に1回同期にしています。

(設定例1 3600(秒) 1 時間に 1 回同期させる設定)。
(設定例2 86400(秒) 24 時間に 1 回同期させる設定)。

—————————————————–

※更新

2017/05/01

Windows10のアップデートにより
時刻同期方法が少し変更になったようです。
レジストリ キー : HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\W32Time\Parameters
値 : NtpServer
NTPServer値の末尾に 0x9 フラグがセットされている場合(規定値)

0x9=0x1と0x8を組み合わせたもの
0x1=SpecialPollInterval Windows 上のみ実装された定間隔での同期
0x8=ClientモードでのNTP要求 明示的なClient/Server Modeによる同期

0x1と同じ動作(SpecialPollIntervalの設定値)だったのが
0x8の動作(MaxPollIntervalとMinPollInterval値によって設定されている同期間隔)になったようです。

同期間隔の最大値を設定するレジストリ
レジストリ キー : HKEY_LOCAL_MACHINEの\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\W32Time\Config
値 : MaxPollInterval

同期間隔の最小値を設定するレジストリ
レジストリ キー : HKEY_LOCAL_MACHINEの\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\W32Time\Config
値 : MinPollInterval

MaxPollIntervalとMinPollInterval値によって設定されている同期間隔の最大値と、最小値の”範囲内”で行われます。

設定されている実際の秒数は、レジストリに設定されている値の2のべき乗になります。

たとえば MaxPollInterval 15(10進)、MinPollInterval 10(10進)の場合は以下のようになります。
最大値 : 2 の 15 乗 = 32,768 秒(規定値)
最小値 : 2 の 10 乗 = 1,024 秒(規定値)
この場合、時刻同期間隔の最大値は 32,768 秒(9時間6分8秒)であり、最小値は、1024 秒(17分4秒)に設定されていることになります。

※通常32,768 秒(9時間6分8秒)に1回同期されることが多いようです。

 
 


最近のWindows10 では、PCの負荷を減らすために
Windows Timeサービス W32Timeが停止していることがよくあります。
結果、通常の設定どおりに同期していないことが多いようです。(内部エラー)

結果的に気まぐれ?でWindowsが時刻同期していると思われます。