WinSxS フォルダーのクリーンアップ Dismコマンド

スポンサーリンク

C:\Windows\WinSxS フォルダーのクリーンアップ

コンポーネントストア WinSxSフォルダは、コンポーネント更新 WindowsUpdateなどで使用されます。
※以前のバージョンの古いコンポーネントは、必要に応じてロールバックできるように、一定の期間システムに保持されます。
かなり大きな容量になっていると思われます。
必要ないと思われる場合は、削除することができます。

 

コマンドプロンプトを管理者権限で実行します。

確認する場合

[Dism.exe /Online /Cleanup-Image /AnalyzeComponentStore]
コンポーネントストアWinSxSの状態を確認します。
削除する場合
[Dism.exe /Online /Cleanup-Image /StartComponentCleanup /ResetBase]
古いコンポーネントをすべて削除する。

注意:状況により時間が掛かります。

※コマンドの内容
"StartComponentCleanup"は、更新済みコンポーネントを除く古いコンポーネントをすべて削除します。
"ResetBase"は、各コンポーネントに対する古いバージョンをすべて削除します。

--
参照

以下のコマンドも有効です。

[Dism.exe /online /Cleanup-Image /StartComponentCleanup]
更新されたコンポーネントの以前バージョン削除

[Dism.exe /online /Cleanup-Image /SPSuperseded]
サービスパックのバックアップ コンポーネントを削除

 


タスク スケジューラでWinSxSのクリーンアップ

タスク スケジューラの「StartComponentCleanup」タスクを実行します。

1.タスク スケジューラを起動します。
2.コンソール ツリーを展開し、
Task Scheduler Library\Microsoft\Windows\Servicing\StartComponentCleanup に移動します。
3.[選択された項目] で [実行] をクリックします。

 

 

--

※StartComponentCleanup タスクは、下のコマンドを実行することでコマンド ラインから開始することもできます。

schtasks.exe /Run /TN "\Microsoft\Windows\Servicing\StartComponentCleanup"

※コピーする場合はクォーテーションマーク[ " ][ ' ]が全角にならないように注意してください。半角です。

--

通常は一定期間の経過後、タスク スケジューラによりこれらの古いコンポーネントは自動的に削除されます。
このタスクスケジューラは時間がかかるため途中で終了(強制終了)することも多いようです。

 

タイトルとURLをコピーしました