PR

メルカリは退会(アカウント削除)しても個人情報を保持している 登録注意

スポンサーリンク

メルカリは、退会しても過去に登録した個人情報を保持している

諸事情でメルカリの個人情報を完全に削除しようと退会しましたが、約1年後に新たに登録しようとすると過去の個人情報が残っていたために不具合が発生しました。

メルカリに問い合わせると、

「メルカリでご利用いただけるアカウントは、退会したものも含めお客さま1人につき1つのみとなります。」

ここで、「退会したものも含め」ということは、退会(アカウント削除)しても個人情報が残っているということです。

結果、新たに登録はできず過去に登録したアカウント情報(退会済)の復活になるようです。
まさに、青天の霹靂のような感覚でした…

ようやく、退会(アカウント削除)しても個人情報が残っていたことを理解しました。

メルカリの規則

メルカリアカウントを退会(削除)した後、メルカリを再度利用する場合は、新たに登録ではなく復活させる対応になります。

「メルカリ会員を退会されています。復活しますか?」ということらしいです。

詳しく調べてみると、今のところ、メルカリからデータを完全に削除する方法はないようです。

半永久的に個人情報は、保存されている」と言われています。

その理由は主に
  • 利用者のあんしん・あんぜんな取引のため
  • 悪質な行為を行なったユーザーの再登録を防ぐための措置
  • 過去に違反行為を行なったユーザーの情報を照会するため、個人情報は保存される
  • 不正利用防止のため

ということですが、知らない人も多いと思います。
規約を熟読するユーザーは少ないでしょう…

早速、規約を確認しましたが、個人情報は適切に取り扱う旨は確認できました。しかし、退会後も個人情報を保持するということは確認できませんでした。

ブラックリストとして個人情報を保持することは理解できますが、善良なユーザーの個人情報を退会後も半永久的に保持する必要があるのでしょうか??? 疑問です…

メルカリのアカウントとともに登録していた個人情報も完全に削除したいと考える場合は、最初から登録してはいけない という事らしいです。

これを知っていれば、絶対に会員登録しませんでした。

今では、「遅きに失した」状態です… 残念

情報によると、メルカリ個人情報担当者宛に退会後の個人情報の完全削除を要望しても応じてくれず ダメ らしいです。

調べてみました

プライバシーポリシーの要点を抜粋すると、

「個人情報の利用停止もしくは消去または第三者への提供の停止を求めることができます。」

2024/05/03 プライバシーポリシー より抜粋

となっていますが、

「不適切な取扱いが認められる場合等お客様の求めに合理的な理由があると認められるとき…(略)個人情報の利用停止もしくは消去…(略)を行います。
ただし、請求方法に不足がある場合や請求内容に合理的な理由がない場合…(略)お客様の求めに対応できないことがあります。」

2024/05/03 プライバシーポリシー より抜粋

となっています。

請求方法に不足がある場合や請求内容に合理的な理由がない場合は、…求めに対応できない

※結局、個人情報の削除には応じない姿勢のようです。

優良企業だと思っていたメルカリに対する考え方が変わりました。逆にブラック企業なのかもしれません…

これから、登録を考えている方は注意してください。特に個人情報に神経質な方は、よく検討することをおススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました