Windows 11 時計 秒確認 応急策 「日付と時刻」表示

スポンサーリンク

Windows 11 秒確認 応急策

Windows 11 では、時計に「」を表示することができません。
現時点では、設定を変更しても「」を表示することはできません。無効化されています。

ところが、「日付と時刻」には、これまでと同じ 秒針 のあるアナログ時計と 秒表示 のある時刻が表示されます。

Windows 11 秒針のある「日付と時刻」

フリーソフトやアプリを使用する方法を考えましたが、
常時「秒数」が必要になる訳ではないので、必要に応じて コマンドファイル で「日付と時刻」を表示することにしました。

「日付と時刻」起動 コマンド

■「日付と時刻」起動コマンド:「timedate.cpl

※「control /name microsoft.dateandtime」でも起動できます。

.bat」や「.cmd」のコマンドファイル または、「ショートカットファイル」を作成しておくと、ワンクリックで簡単に起動できます。

ショートカットファイル の種類により「タスクバーにピン留め」も可能です。

参考画面 と ショートカットファイル 作成

タスクバー 右側の通知領域 カレンダー をクリック

Windows 10 のカレンダーには、秒単位の時刻が表示されます。

Windows 10 のカレンダー

Windows 11 のカレンダーには、時刻が表示されません。

Windows 11 のカレンダー
「日付と時刻」ショートカットファイル の作成方法

右クリックから、「新規作成」 → 「ショートカット」 をクリックします。

右クリック メニュー

項目の場所に「timedate.cpl」を入力します。

項目の場所

ショートカットの名前に「日付と時刻」を入力します。(任意の文字)

ショートカットの名前

完了

「タスクバーにピン留め」 する場合

ショートカットを「タスクバーにピン留め」する場合には、注意が必要です。
制限があるので、すべてのファイルが ピン留め できる訳ではありません。

基本的に「.EXE」 ファイルへのショートカットであれば、ピン留め可能ですが、細かい例外があるようです。

※上記のCPLファイルへのショートカットでは、ピン留めできません。

ショートカット作成の際、項目の場所に「control /name microsoft.dateandtime」を入力してください。(control.exe だけでは、タスクバーにピン留めできません)

項目の場所

ショートカットの名前に「日付と時刻」を入力します。(任意の文字)

ショートカットの名前

「日付と時刻」のショートカットが完成します。(control.exe のアイコンになります)

完成した ショートカット アイコン

ショートカットのリンク先:
「C:\Windows\System32\control.exe /name microsoft.dateandtime」になっているはずです。

ショートカットのプロパティ

ショートカットのアイコンを 右クリック → 「その他のオプションを表示」をクリックします。

右クリック 画面

タスクバーにピン留めする」が表示されるので、クリックします。

「その他のオプションを表示」クリック 画面

「タスクバーにピン留め」完了

「タスクバーにピン留め」されたアイコン

コメント

  1. jazzwalker より:

    秒表示の応急策、助かりました!
    ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました