HEIF画像[.heic]をWindows10で表示する Microsoft無料アプリ2つ必要

スポンサーリンク

HEIF「ヒーフ」形式画像 普及の兆し

iPhone iOS11(2017/09)から画像で使用されているHEIF形式画像 拡張子[.heic]

 

HEIF画像をWindows10で表示するには2つのアプリをインストールします

HEIF形式、拡張子[.heic]画像を表示するには2つのMicrosoftアプリをインストールする必要があるようです。

・HEIF 画像拡張機能(無料)
・デバイス製造元からの HEVC ビデオ拡張機能(無料)

2019/04での状況です。

 

HEIF 画像拡張機能(無料)

最近ではMicrosoft Storeから
自動で「HEIF 画像拡張機能」をインストールするようになっているようです。
すでにインストールされている場合もあります。↓(アンインストールできません)

 

しかしこれだけでは、[.heic]画像を見ることはできません。

分かりにくいですね。[.heic]画像ファイルを開くと↓

ダウンロードをクリックすると↓

追加のコーデックが必要ということで「HEVC ビデオ拡張機能(120円)」有料のアプリインストールを勧めてきます。私には一瞬詐欺に近いような感覚がありました。

必要な機能もあると思いますが、有料アプリには抵抗を感じる人も多いと思います。

 

 

デバイス製造元からの HEVC ビデオ拡張機能 (無料)

有料ではなく無料の「デバイス製造元からの HEVC ビデオ拡張機能 (無料)」があるので
これをインストールすれば[.heic]画像を表示することができます。

困ったことに、「デバイス製造元からの HEVC ビデオ拡張機能 (無料)」は、
2019/4/26現在、なぜかMicrosoft Storeでは検索できないようです。

 

インストールの確認↓

 

HEIF[.heic]画像を表示することができます。

 

今後、対応の変化でWindowsも標準でHEIF画像が見れるようになるでしょう

HEIF形式画像について [.heic][.heif]

iPhone iOS11(2017/09)から使用されている画像形式です。 拡張子 [.heic]または[.heif]

HEIF形式は、「High Efficiency Image File Format」の略称です。新しい画像形式でAppleがいち早く対応しましたが、Microsoft Windowsも対応を始めています。

HEIF形式画像はファイル容量が小さくなるなど優れているようです。

 

古くからの画像形式であるJPEG画像からPNG画像が普及し、HEIFは次世代の画像形式になるかも…

 

iPhoneの写真をUSB(Lightningケーブル)などでパソコンに転送時すると現在は自動的に「.heic」ファイルを「.jpg」に変換してくれるので、写真は自動的にJPEG形式になります。

 

ただし、送るなどの操作でコピーすると拡張子が[.heic]になる場合があり現在のWindowsではファイル変換等が必要になります。iPhoneでの設定変更も可能です。

 

--

感想:

Windowsもしだいに対応してきているようです。有料アプリの必要な機能もあると思いますが、分からないまま間違って有料アプリを購入することがないようによく考えてインストールしたほうが良いかもしれません。

 

--

 

参考リンク

タイトルとURLをコピーしました