要件を満たしていないパソコンに Windows11 をインストールする方法

スポンサーリンク

要件を満たしていないパソコンに Windows11 をインストールする

この記事は、記録のために記載した記事です。
実施する場合は、サポート対象外になるなどを理解した上で全て自己責任です。

今回、Microsoft が公表している 要件を満たしていないパソコン に Windows11 を強制インストールしてしばらく様子をみていました。

現時点で、特別問題もなく使用できているので、記録を残しておきます。

※詳しい操作方法は記載していません、操作方法は、他のWEB や YouTube などで解説されています。

事前 準備

インストールメディア が必要です。

※アップデートではなく、クリーンインストールになります。

レジストリを編集してインストール時の要件チェックをスルー(Bypass)させます。

それぞれ異なる種類の端末 4台 にインストールしましたが、2パターン ありました。

1】事前編集 OK
Winsows10 の時点であらかじめレジストリを編集(追加)した状態から、Windows11 をインストールできる端末

2】事前編集 NG
Windows11 のインストール途中、 Shift + F10 でコマンドプロンプトから「regedit」レジストリを起動して編集(追加)してインストールする端末

がありました。

レジストリ編集(追加)項目

■新しいキー を追加

「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup\LabConfig

■DWORD(32ビット)値 を新規追加

DWORD(32ビット)値
  • BypassTPMCheck」値のデータを「1
  • BypassSecureBootCheck」値のデータを「1
  • 「BypassRAMCheck」値のデータを「1」(ほとんどの場合不要)

.reg」ファイルを作成しておくと便利かもしれませんが、 何度も使用するとは思えません…

今回インストールした端末

TPM:1.2
CPU:Intel Core i5-4590 CPU @ 3.30GHz
メモリー:16G

TPM : 1.2
CPU : Intel Core i5-4590 CPU @ 3.30GHz
メモリー:8G

TPM : 1.2
CPU : Intel Core i3-4170 CPU @ 3.70GHz
メモリー:8G

TPM : 1.2
CPU : Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU E8400 @ 3.00GHz
メモリー:12G

ネットでは、古いパソコンの排除ということで「Microsoftの暴挙」という記事もありました。

※要件を満たしていなくても、レジストリ操作でインストール可能になるようです。
(Windows 10 を実行しているパソコンであればインストール可能かもしれません…)

タイトルとURLをコピーしました