Windows 10 Ver2004 の不具合により、「ネットワークドライブの割り当て」から「ネットワークの場所の追加」に変更

スポンサーリンク

「ネットワークドライブの割り当て」から設定変更

「Windows 10 Ver.2004」になり、
「ネットワークドライブの割り当て」が「サインイン時に再接続する」の不具合で支障があるので、やむなく、「ネットワークの場所の追加」に変更しました。

接続されていない状態で使用すると、エクスプローラーが不安定になり、フリーズのような状態になることも多く、複数の端末での設定なのでかなりの支障が発生します。

以前のWindowsと同様、正常な動作に戻ることを期待していたのですが、
過去の対応状況を考えると今の Windows OS は、セキュリティー重視?のためネットワークに関する便利な機能の改悪が多々あるので、期待出来そうにありません。

今回もその一環かもしれません…

今回も、詳細なく仕様変更になる可能性が大きいので、こちら側で設定変更することにしました。

現状 「ネットワークドライブの割り当て」

ネットワークドライブの割り当て」(サインイン時に再接続する)

不具合により起動時、接続されていないネットワークドライブ ↓

ドライブの容量が表示されません。
この状態で使用すると、操作によりフリーズ状態になることもあります。

再起動することにより正常に接続されたネットワークドライブ ↓

変更 「ネットワークの場所の追加」

「ネットワークドライブの割り当て」から「ネットワークの場所の追加」に変更

画面の大きさにより表示が大きくなった場合の設定アイコン ↓

「ネットワークの場所の追加」に変更することで、ドライブ名がなくなり全体の容量(空き容量)が表示されなくなります。
ファイル・フォルダを普通にドラッグした場合、コピーになるか移動になるかの違いもあります。

しかし、毎回のように再起動することを考えるとこちらの方が、かなりスムーズです。


追記

結果、改善されず

2020/07/03

しばらく様子を見ていましたが、エラーが発生するようです。↓

エラーコード:0x80070035

エラーコード:0x800704cf

毎回ではないのですが、エラーが発生し既に設定済みのネットワークには、接続できません。設定していないネットワークは有効です。

同様に、再起動で正常に接続された状態になります。
また、ネットワークを無効→有効で改善される場合もあります。

「ネットワークドライブの割り当て」から「ネットワークの場所の追加」に変更しても無駄だったようです。

おそらくセキュリティーを考えて、結果改悪になった状況だと思います・・・

再度、改善方法を検討します。

コマンドでネットワークドライブを一旦削除して再作成で検証します。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました