WindowsでFTPクライアントソフトを使用しないFTP接続方法

スポンサーリンク

FTPクライアントソフトを使用せずFTP接続可能

 

ホームページやftpサーバーを運用している方は、FTP接続をすることが多いと思います。
FTP(File Transfer Protocol)の略です。

一般的には、FTPクライアントソフトを利用して接続します。

・FFFTP
・FileZilla
・WinSCP

など使用することが多いようです。

厳密には、FTPとSFTPの違いなど最近はセキュリティーを考えている人もいます。

 

今回はセキュリティーではなくFTP接続方法のみを掲載いたします。

Windowsの場合は接続方法が選択できます。

・FTPクライアントソフトを利用する方法
・Windowsのエクスプローラーで接続する方法
・インターネットブラウザー「Internet Explorer」、「Google Chrome」等を使ってFTPサーバーへ接続する方法(現在「Edge」は不可)
・コマンドプロンプトを利用する方法などがあります。

FTP接続に必要な情報は、

FTPサーバー名:
ユーザー名:
パスワード:
が必要になります。

 

WindowsのエクスプローラーでFTPサーバーへ接続する方法

Windowsの「エクスプローラー」を使ってftp接続することもできます。
通常ファイル・フォルダを操作する画面です。

例:
・PC(マイコンピューター)を開く
Windowsキー+E (Windowsキーを押した状態でEキー押下する)

アドレスバーのパスが表示された欄に「ftp://(FTPサーバーアドレス)/」と入力します。

「ユーザー名」と「パスワード」でログインします。

全体のイメージ

通常のWindowsと同じフォルダ・ファイル操作、ドラッグ操作ができます。

 

補足:
ログイン時パスワードを保存するをクリックすると次回のログインで便利ですが、
異なるユーザー名のログインやパスワードを削除する場合、レジストリ操作が必要になり面倒になることがあります。

 

参考レジストリ:
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\FTP\Accounts\[アカウント]\password

 

--

インターネットブラウザーを使ってFTPサーバーへ接続する方法

インターネットブラウザー「Internet Explorer」、「Google Chrome」等を使ってFTPサーバーへ接続します。(現在「Edge」は不可)

アドレスバーのURL表示欄に「ftp://(FTPサーバーアドレス)/」と入力します。

「ユーザー名」と「パスワード」でログインします。

全体のイメージ

ブラウザの場合エクスプローラーと違いファイル単位のダウンロード・アップロードになります。

フォルダごとの移動が出来ないので、zipファイルなどが使用されます。

--

FTP接続 便利な使い方

FTPサーバー名を入力する際にユーザー名または、ユーザー名とパスワードを併せて入力することができます。
そうすることで毎回ユーザー名とパスワードの入力を簡易化することが可能になります。

 

ftp://ユーザー名:パスワード@FTPサーバー名/

上記にように入力します。

セキュリティー上パスワードを省くことも可能です。

コマンドファイルを使った便利なFTP接続方法

コマンドファイルを作成しておくとワンタッチ操作でFTP接続できます。

--
@echo off
explorer ftp://ユーザー名:パスワード@FTPサーバー名/
exit
--

上記3行を記載したバッチファイルを作りダブルクリックするだけです。

作成方法:

メモ帳で3行を記載し拡張子を.batまたは.cmdで保存します。ファイル名は任意

 

Windowsメモ帳は文字コードANSIで保存します。
UTF-8:現在のWindowsメモ帳ではBOMが入ります。

 

タイトルとURLをコピーしました