Windows 11 メモ帳の初期フォント

スポンサーリンク

Windows 11 メモ帳 のフォントについて

Windows 11 のメモ帳 で「編集」→「フォント」を、初めてクリックした場合に「Lucida Console」などにいきなり変化します。

※規定値がないので、元に戻したい場合に困ります…

Windows 10 ではこのような現象はありません。

念のために、現在 Windows10・11 メモ帳の初期フォントは、「MSゴシック」になっているようです。(「Lucida Console」ではありません…)

メモ帳 フォント
メモ帳のフォント
  • ファミリ:「MSゴシック」
  • スタイル:「標準」
  • サイズ:「12」

アプリと機能 → メモ帳 の詳細オプションで「リセット」すると、元に戻すことができます。

注意
「編集」→「フォント」をクリックしないように!

アプリと機能 → メモ帳 で「リセット」した後、「編集」→「フォント」をクリックすると何故か「Lucida Console」サイズ:「10」になっています。
(メモ帳を再度開くとフォントが変化し、繰り返しになります。)

または、手動で「MSゴシック」サイズ:「12」に修正する(元に戻す)ことも可能です。

Lucida Console」は日本語OSの初期値ではないと思います。

※「Lucida Console」が初期値と解説しているサイトがありますが、複数のパソコンで毎日のようにメモ帳を使用しているので、「Lucida Console」が初期値ではないことが分かります。

これは、メモ帳の不具合の一部だと思います。 いづれ改善されることを祈ります…

フォントを変更する目的があれば問題ありませんが、フォントの確認目的の場合には、元に戻せなくなるので注意が必要です。

メモ帳の初期フォントで、游ゴシック を使用していた時期もありましたね…

コメント

タイトルとURLをコピーしました