Microsoft Edge コマンドでも アンインストール できなくなった

スポンサーリンク

Microsoft Edge コマンドでも アンインストール できない

訳あって、Microsoft Edge を一旦削除(アンインストール)しようとしましたが、
コマンド でも アンインストール ができなくなっていました。

少し前から、Microsoft Edge は、通常の方法では、アンインストール ができなくなっていましたが、唯一 コマンド では削除(アンインストール)が可能でした。

ところが、現在(2022/10/09)のEdge バージョン:106.0.1370.37 では、なんと コマンド でも アンインストール できませんでした。

コマンドプロンプト」や「PowerShell」も試しましたが、アンインストールできません。

「setup.exe –uninstall -***~」「.\setup.exe --uninstall --***~」「winget uninstall ***~」
その他いずれもダメでした。

winget uninstall **~ コマンドでは、「終了コードでアンインストールに失敗しました: 93」でアンインストールできず…

Windows11 での操作方法が悪かった? 何か間違い・勘違いがあったのか??
少しずつ検証します。

なにかと不具合や改悪の多い Microsoft Edge ですが、独自開発からオープンソースの Chromium に変更し、よくなると思っていました。
しかし、Microsoft には、無駄だったのかもしれません…
次第にレガシー Edge の二の舞になりそうです。以前と同じ道(改悪)に進んでいます…

やはり Google Chrome のほうが優秀なブラウザだと言えます。

削除(アンインストール)の方法が判明したら、更新します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました