Microsoft は、「Windows 11」 を発表しました。 「青天の霹靂」

スポンサーリンク

青天の霹靂 「Windows 11」 発表

2021/06/24(米国時間)

Microsoftは、Windows 10の次期OSとして「Windows 11」を正式発表しました。

次期バージョン予定である 21H2 を Windows 11 に名称を変更したようです。

Microsoftは、2015年に Windows 10 を「最後のバージョンの Windows」と説明していましたが、完全に ないがしろ にされています。

私には、「青天の霹靂」のような感覚です。

本来、Windows 10以降は、メジャーバージョンアップは行なわず、機能アップグレードと呼ばれるアップグレードを提供する「最後のバージョンの Windows」として提供する予定でした。

これを考えると、Windows の名称ではなく別の名称で発表するべきだと考えています。
Microsoft の信頼が失墜してしまいました。

現時点での情報

■ Windows 11 を利用する必要最低要件は、

必要最低要件
  • 64bit プロセッサ
  • 4GB 以上のメモリ
  • 64GB 以上のストレージ

Windows 10から無償アップグレード可能

※32bit プロセッサ 不可

32bit は提供されないようですが、ほぼ 64bit になっているので影響は少ないと思います。

■ 正式リリース時期は年内

年内に提供される予定です。

5月に 20H1 が提供されているので、10月以降になると思われます。


タイトルとURLをコピーしました