Windows 11 「日付と時刻」を タスクバーにピン留め する方法

スポンサーリンク

コントロールパネル「日付と時刻」を タスクバーにピン留め

タスクバー

よく使用するアプリなどをタスクバーにピン留めしておくと簡単に起動できます。

Windows 11 で、秒単位の時刻を確認するために、「日付と時刻」をタスクバーにピン留めする方法を紹介します。

ショートカットを「タスクバーにピン留め」する場合には、注意が必要です。
制限があるので、すべてのファイルが「タスクバーにピン留め」できる訳ではありません。

基本的には、「.EXE」ファイルのショートカットはピン留め可能ですが、一部例外もあるようです。

また、昔のようにタスクバーファイルの保存場所を手動で操作しても表示されません。

保存場所:
「"C:\Users\(ユーザー)\AppData\Roaming\Microsoft\Internet Explorer\Quick Launch\User Pinned\TaskBar"」

タスクバーにピン留め できるショートカットを作成します。

右クリック → 「新規作成」 → 「ショートカット」

右クリック メニュー

ショートカット作成の際、項目の場所に「control /name microsoft.dateandtime」を入力してください。(フルパスに変換されます)

項目の場所

ショートカットの名前に「日付と時刻」を入力します。(任意の文字)

ショートカットの名前

control.exe」のアイコンでショートカットができます。

作成したショートカット アイコン

ショートカットのリンク先:
「C:\Windows\System32\control.exe /name microsoft.dateandtime」(フルパス)になっているはずです。

日付と時刻のプロパティ

作成したショートカットを 右クリック → 「その他のオプションを表示」をクリックします。

右クリック画面

タスクバーにピン留めする」をクリックします。

「その他のオプションを表示」クリック画面

タスクバーに作成したアイコンが表示されます。

Windows 11 タスクバーのアイコン

タスクバーのアイコンをワンクリックで、コントロールパネルの「日付と時刻」が表示されます。

日付と時刻

「日付と時刻」の本体ファイルは「timedate.cpl」(C:\Windows\System32\timedate.cpl)ですが、「timedate.cpl」のショートカットでは、「タスクバーにピン留め」することができません。

「タスクバーにピン留め」が完了したら、作成したショートカットは削除または移動が可能です。

補足

まれに「タスクバーにピン留めする」が表示されず、
一旦「スタートメニューにピン留めする」を実行した後に表示される場合があります。

タイトルとURLをコピーしました