Windows 時刻同期設定

Windowsの時刻同期

Windows のインターネット時刻はデフォルトでは 1 週間に 1 度しか同期しません。
同期の間隔をもっと短くしたい場合には以下のレジストリの値で変更できます。

 

[HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\W32Time
\TimeProviders\NtpClient\SpecialPollInterval]

 

上記レジストリ値で同期の間隔(秒)を調整できます。
データ型は REG_DWORD。
表記10進数で秒数指定。

参考:私は10進数で[86400]に設定 1日に1回同期にしています。

(設定例1 3600(秒) 1 時間に 1 回同期させる設定)。
(設定例2 86400(秒) 24 時間に 1 回同期させる設定)。

 


※更新

時刻同期の仕様が変更になりました

2017/05/01
Windows10のアップデートにより
時刻同期方法が少し変更になったようです。
レジストリ キー : HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\W32Time\Parameters
値 : NtpServer
NTPServer値の末尾に 0x9 フラグがセットされている場合(規定値)

0x9=0x1と0x8を組み合わせたもの
0x1=SpecialPollInterval Windows 上のみ実装された定間隔での同期
0x8=ClientモードでのNTP要求 明示的なClient/Server Modeによる同期

0x1と同じ動作(SpecialPollIntervalの設定値)だったのが
0x8の動作(MaxPollIntervalとMinPollInterval値によって設定されている同期間隔)になったようです。

---もう少し分かりやすく説明すると---
同期間隔の最大値を設定するレジストリ
レジストリ キー :
HKEY_LOCAL_MACHINEの\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\W32Time\Config
値 : MaxPollInterval

同期間隔の最小値を設定するレジストリ
レジストリ キー :
HKEY_LOCAL_MACHINEの\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\W32Time\Config
値 : MinPollInterval

MaxPollIntervalとMinPollInterval値によって設定されている同期間隔の最大値と、最小値の"範囲内"で行われます。

---

設定されている実際の秒数は、レジストリに設定されている値の2のべき乗になります。

たとえば MaxPollInterval 15(10進)、MinPollInterval 10(10進)の場合は以下のようになります。

最大値 : 2 の 15 乗 = 32,768 秒(規定値)
最小値 : 2 の 10 乗 = 1,024 秒(規定値)

この場合、時刻同期間隔の最大値は 32,768 秒(9時間6分8秒)であり、最小値は、1024 秒(17分4秒)に設定されていることになります。

※通常32,768 秒(9時間6分8秒)に1回同期されることが多いようです。

 

--

最近のWindows10 では、PCの負荷を減らすために
Windows Timeサービス W32Timeが停止していることがよくあります。
結果、内部エラーとなり通常の設定どおりに同期していないことが多いようです。

結果的に気まぐれ?でWindowsが時刻同期していると思われます。

時刻の狂いが気になる場合は、手動でインターネット時刻同期をおススメします。

 

参考

NICT情報通信研究機構のホームページで日本標準時JST Clockと使用中のコンピュータとの誤差が0.1秒単位で分かります。
確認に使用するとよいでしょう。

2.0秒以上の誤差があればインターネット時刻同期してみてください。

 

インターネット時刻同期の方法 GUI

 

ファイル名を指定して実行
Windows]キー+[R]キーを押す。(Windowsキーを押した状態でRキーを押す)
timedate.cpl」と入力して[Enter]キーを押す。
[日付と時刻]の画面が出ます。

または、
コントロールパネル→[日付と時刻]

[日付と時刻]の画面から
[インターネット時刻]のタブ→[設定の変更]→[今すぐ更新]をクリックします。

※同期するサーバーは規定値でもよいのですが、「NTPサーバー一覧」で検索するとたくさん出てきます。
日本国内のサーバーがよいかと思います。

 

頻繁に時刻同期をする場合は、時刻同期コマンドファイルを作っておくとワンクリックで楽になります。