Amazon の詐欺メール対策 Amazon から送信されていることを確認するには? 補足

スポンサーリンク

Amazon 「サインインが検出されました」確認メール

Amazonは、多発する詐欺メールの対策により、多数の確認操作が必要になっています。

その一つに、サインインの確認があり、他のサイトも行っていますがAmazonの場合は、特に神経質になっているようです。

このEメールがAmazonから送信されていることを確認するにはどうすればよいですか?

このEメールのリンクは「https://www.amazon.co.jp」で始まります。以下のリンクをいつでもブラウザに貼り付けて表示できます。

https://www.amazon.co.jp/a/c/  =     …30ce…    

と記載があります。

正確には、
このEメールのリンクは「https://www.amazon.co.jp/」で始まります。
が正しい記述です。

後方の「/」スラッシュに重要な意味があります。

例えば、要件を満たしていても、
https://www.amazon.co.jp.△△△△.com/」の場合は、詐欺メールの可能性があります。

WEBサイト管理者なら、すぐに分かります。

実際このように偽装していたメールも確認しています。

リンク先 ドメインの確認方法

ドメインを確認するには、
https://の後にくる、最初の「/」スラッシュまでの後方判定になります。

例えば、

「https://www.amazon.co.jp/〇〇〇/〇〇…」の場合は、
amazon.co.jp」がTLD(トップレベルドメイン)を含めたドメインになります。

「https://www.amazon.co.jp.△△△△.com/〇〇〇/〇〇…」の場合は、
△△△△.com」がTLDを含めたドメインになります。

※ドメインより前方の文字列は、サブドメインになるので、WEB管理者が自由に作成することができます。

リンク先ドメインを偽装している場合もあるので、騙されないように注意しましょう。

ドメインの確認方法は、amazon のみではなく他のサイトでも同様です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました